「3年2組」2005

「3年2組」Digest

2005.Jul. at 吉祥寺シアター(東京)吉祥シアターこけら落とし公演
2008.Apr.「第8回愛知県芸術劇場演劇フェスティバル」参加
     at 愛知芸術文化センター

 

作・演出 : 矢内原美邦

出演 :
足立智充 稲毛礼子 上村聡 鈴木将一朗 関寛之
渕野修平 三坂知絵子 矢沢誠 山本圭祐

音楽:スカンク
映像:高橋啓祐
衣装:広野裕子
照明:森規幸
舞台監督:横尾友広 瀬川有生

矢内原美邦が「言葉」と「身体」の関係性に特化して、演劇的なアプローチから、ダンス・台詞・歌・映像など舞台を構成する要素をスリリングかつ大胆に交錯させることに取り組むソロプロジェクト「ミクニヤナイハラプロジェクト」の第1弾。 矢内原独特の演劇観で「言葉」を使っての身体表現に本格的に取り組み、超高速で台詞を発話させることにより、言葉そのものがダンスをするような、これまでにないドライブ感あふれる劇空間を作り出す。

photo:佐藤暢隆

舞台は東京近郊のとある有名進学高校。その校庭に樹齢60余年にもなる大きなイチョウの木がある。ある日その木の根元に埋めたタイムカプセルを掘り起こすべく、10年ぶりに3年2組の卒業生8人と、当時の担任教師が集まった。それぞれの成長とともに、当時の思い出が蘇り、懐かしい日々が思い描かれていくのだが、わずか10年の歳月はそれぞれの思い出に小さなズレを生じさせていた。そのズレは、時間を遡れば遡るほど、明確な食い違いになり、物語を錯綜させる。あんなこと本当にあっただろうか?それは単なる記憶違いではないだろうか?なにが本当で、なにがウソか。やがて物語は登場人物たちの錯乱した記憶に巻き込まれ、「そもそもタイムカプセルなんて埋めただろうか?」という記憶に突き当たる。自分の記憶を確かめるようにして、イチョウの木の根元を掘り起こしはじめる8人…。 私たちはいったいなにを忘れてきたのか。そして敗戦後60周年を迎える今年、私たち日本人はなにを忘れ、なにを思い出してきたのか。タイムカプセルを掘り起こすように、そのことを個々人が改めて思い起こさせることができないだろうか。歴史と流れ去る時間に埋もれていく記憶と、人々の不確かな記憶が絡み合う。

Flyer design:カネコアツシ 石田直久

- Review -

小崎哲哉 +Out of Tokyo

高野しのぶ +しのぶの演劇レビュー

中西理(演劇コラムニスト) +下北沢通信

 

- Credit -

主催:ミクニヤナイハラプロジェクト
   財団法人武蔵野文化事業団
特別協力:急な坂スタジオ
企画・制作:precog


- Works -


©2018 Nibroll All Rights Reserved.