「静かな一日」2013

「静かな一日」Digest

「セルバンティーノ演劇祭2018(メキシコ)」参加作品

2013.Feb at AI・HALL(兵庫県伊丹市立演劇ホール)
2013.Feb at 吉祥寺シアター(東京)
2013.Oct at 黄金町エリアマネージメントセンター(横浜)
2015.Oct at Martin E. Segal Theatre Center(ニューヨーク)
2017.Feb at 森下スタジオ(東京)

 

作・演出 : 矢内原美邦

出演 :
川田希 松永大輔

映像・美術:高橋啓祐
照明:南香織
舞台監督:鈴木康郎

「静かな一日」Interview

2011年3月の東日本大震災を受けて抱いた「演劇になにができるのか」という自問を起点に創作した作品。映像作家・高橋啓祐の映像インスタレーション作品『a quiet day』(2012)を劇場空間に再現させ、美しく整然と並べられた約400個もの家々とそこに投影される映像を舞台美術として用いる。
夫婦の日常会話と、そこに突如襲いかかる “火事” 、そして食い違っていく2人の会話から、突如大切な人を失う喪失感や孤独、そしてかつて流れていた幸せな時間を描き出し、家々の美術作品とそこに襲来する震災が「日常」の尊さや儚さを立ち現せさせる。

photo:GO

これは、 どこにでもある町の、よく眠ることができる夫婦の、 ある「静かな一日」のお話です。
でも本当は「静かな一日」など、どこにもありません。
私たちが住んでいる現実に「静かな一日」が、どこにもないっ!のと同じように。
私たちは後ろ向きになって、徐々に、南に傾いていく家を見上げながら、日陰を選んで、畏れを飲み込み、日々を生きます。
形は決して残りません。形は決して残りません。
日々を、私たちはただ日々を積み上げて、 そ れ で も っ! と、大きな声をはりあげて、おもしろおかしく生きるのです。

 

- Interview -

矢内原美邦インタビュー +AI HALL

Flyer design:幸田千依 石田直久

- Credit -

主催:ミクニヤナイハラプロジェクト
共催:アイホール・吉祥寺シアター
助成: 芸術文化振興基金 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特別協力:急な坂スタジオ
企画・制作:precog

 

- Archive Site -

+ 2013 東京・兵庫公演

design:石田直久 photo:中島古英


- Works -


©2018 Nibroll All Rights Reserved.